鉄道のJR東がバス自動運転に取り組むワケ

 JR東日本が9月13日に行った、宮城県での自動運転バス試乗会。公開されたバスは最大時速60kmで専用道を自動運転した。今後数年をめどに、バス専用道での運転支援などの形で実用化を目指すとしている。

 傘下にバス会社も持つとはいえ、鉄道会社のJR東日本がなぜバスの自動運転に取り組むのか。実証実験の全体像を振り返りつつ、JR東日本の狙いを説明する。

●舞台は東日本大震災の被災地

 技術実証の舞台は、バスによる大量輸送システム「BRT」(バス・ラピッド・トランジット)を導入した宮城県・気仙沼線BRTの南端に当たる、柳津駅~陸前横山駅の一区間(片道約4.8km)だ。この区間では東日本大震災で被災した鉄道路線をBRTに置き換えて運行している。

 自動運転バスの試乗時、運転手は運転席に座るものの、ハンドルには全く触らない。バスは狭い専用道を徐行で進み始め、最高時速60kmまで加速した。途中に障害物が現れると、100mほど手前から減速し、ぶつからないように停止。停留所では段差がつけられたホームとの幅を詰めるように、白線の上にピタリと停車してみせた。

●路面に埋め込んだマーカーに追従 狭い道や雨天時でも安定走行

 自動車における自動運転技術は、2030年前後の実用化を目指して世界中の自動車関連メーカーやスタートアップ企業が開発競争を進めている。しかし、「完全自動運転」とも呼ばれる無人で運行し、公道も走行可能な自動運転には技術的にも法的にも乗り越えるべき障害が多く、実用化には時間がかかるとみられている。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク