「G-SHOCK」初のカスタマイズサービス、20日開始 準備のためにカシオ社内をDX化

 カシオ計算機は10月14日、購入者が好きな色のパーツを組み合わせて「G-SHOCK」を作れるカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」を発表した。20日の午後2時からカシオのWebサイトで提供する。価格は1万5400円から。

 ベースモデルは2020年発売の「DWE-5610」 。G-SHOCKの初号機「DW-5000C」(1983年発売)のスクエアデザインを引き継いだシンプルなクオーツ腕時計で、MY G-SHOCKでは19色のベゼルやバンド、2種類の美錠(バックル)、7種のフェイス(液晶とガラス)などを自由に選べる。組み合わせは約190万通り。

 バンドの上下を別の色にしたり、1パーツあたり500円を追加してスケルトン素材に変更したりもできる。バンドを固定する遊環(ゆうかん)は通常の1つから3つ(トリプル遊環)まで増やせる。「トリプル遊環にした場合、組み合わせは約6億5800万通りになる」という。

 過去の名機も再現できる。ベゼルやバンドの19色には「FIRST COLOR」と呼ばれる3つの限定カラーがあり、選択すると1987年に海外で販売したG-SHOCK初のカラーモデル「DW-5600C-9BV」や1991年の「DW-5600B-3V/5600B-2V」と同じ色になる。FIRST COLORは各パーツ限定500個。

 組み立ては山形カシオが担当。ユーザーがデザインを決めて発注すると3週間から5週間で完成品が届く。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク