「好意の裏返しだったとしても耐えられない」 よくある“ツンデレ女子”に訪れる結末に「つらい」「わかる」の声

「好意の裏返しだったとしても耐えられない」 よくある“ツンデレ女子”に訪れる結末に「つらい」「わかる」の声
王道なツンデレ展開と思いきや……?
 好きな幼なじみの男子にツンツンとした態度をとってしまう女の子の漫画「素直になれなくて」が、その定石的なツンデレの流れからの意外な展開で反響を呼んでいます。どちら側にも共感できるだけに複雑な気持ちになる……。

 女の子の輝(ヒカリ)は、昔から付き合いのあるお隣さんの男の子・道生(ミチオ)に対して、「寝坊すんなバカ!」と怒って蹴ったり、「ノロマ!グズ!」と罵ったり、やたらと激しい言動を見せます。しかし同時に、ミチオが来るのを待ってまで一緒に登校したり、ミチオが弁当を忘れた時には「相変わらずマヌケね、一回死ねば?」と言いつつも照れ顔で自分の弁当をあげたりと、彼のことが好きなのは明らかで、周囲も「お前らいつ つきあうの?」と冷やかすほどです。

 ここまでだとツンデレ女子と鈍感男子のラブコメのようにも思えますが……?

 するとその日、いつも通り一緒に帰ろうとやってきた輝に、道生は「ごめん もういっしょには帰れない」「…彼女ができたんだ」と彼女に告げます。実は彼は彼女に関して「何年もずっといじめられてるような気持ちで」「それがたとえ好意の裏返しだったとしても、僕はこの先もいっしょにいるなんて耐えられないよ」と友達に話しており、彼女の気持ちになんとなく気付きつつも、彼はずっと“耐えて”いたのでした。

 輝は無理に慣れない笑顔を作り、「み…道生なんかと付き合うなんてバカな女ね」「大切にしてあげなさいよ」と返して、最後のページには目を手で覆ってうつむくような彼女の後ろ姿が描かれています。ああ、これは胸に来る……。...続きを読む

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る 2018年11月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。