ソフトバンクの通信障害 エリクソン製機器が原因 海外の通信事業者でも同様の障害

ソフトバンクの通信障害 エリクソン製機器が原因 海外の通信事業者でも同様の障害
ソフトバンクの発表
 ソフトバンクは、12月6日に発生した通信障害について、エリクソン製パケット交換機でソフトウェアに異常が発生したためと発表しました。

 障害は同日13時39分ごろから18時4分ごろまで発生。ソフトバンクとワイモバイルの携帯電話サービス、固定電話「おうちのでんわ」、「SoftBank Air」が利用できないまたは利用しづらい状態が発生しました。影響数は調査中としています。

 原因は、東京センターと大阪センターに配置していたエリクソン製パケット交換機でソフトウェアに異常が発生したこと。ソフトウェアを旧バージョンに戻すことで復旧したと説明しています。エリクソンと共同で再発防止に取り組むと述べています。

 エリクソン製の装置を使っている海外の通信事業者でも同様の障害が発生。エリクソンは、早期の段階での解析の結果、当該ソフトウェアの証明書の期限切れが原因として示されたと報告しています。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る 2018年12月7日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。