PayPay、不正でボーナス付与取り消し Twitterで絶望する声続出

記事まとめ

  • 昨年末の「PayPay」の大規模キャンペーンによって付与されたボーナスが取り消されれたという報告が続出しているという。
  • PayPay広報によると利用規約違反によるものとされ、複数アカウントや他人名義カードでの決済などが該当するという。
  • 不正をせずに取消されているという人に対しては「専用フォームから連絡の上、確認できれば取り消しを見直す」と説明している。

PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」のボーナス取り消し報告が続出 PayPay広報に理由聞いた

PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」のボーナス取り消し報告が続出 PayPay広報に理由聞いた
複数のアカウント登録はペナルティーの対象(PayPay利用規約より/強調は編集部によるもの)
 2018年末に話題をさらった「PayPay」の「100億円あげちゃうキャンペーン」のボーナス付与期間が1月10日に終了。無事ボーナスをもらえて喜ぶ人がいる一方で、残高付与が取り消され絶望する声がTwitter上で目立っています。どのような場合に付与が取り消されるのか、PayPayの広報に聞きました。

 ボーナスの付与が行われたのは1月8日から10日にかけて。付与予定のボーナスは「PayPay残高付与の処理中」と表示されていましたが、不正が見つかった場合はそれが「PayPay残高付与の取消」に切り替わります。不正者へのボーナス付与取り消しは1月8日に告知されており、その際取り消しの理由となる行為の例として「対象となるお支払いをキャンセルし、返金を受けた場合」や「当社の利用規約に違反する行為があった場合」などが挙げられていました。

 取り消しの事例が一気に話題になったのは10日夜になってからですが、広報によると取り消し自体は8日から順次行われていたとのこと。Twitterでは情報が錯綜しており、同一商品を複数購入すると不正扱いになるとの声もありますが、これについて広報は「本人が不正なく購入したものであれば複数購入は問題ありません」とコメント。

 Twitterではボーナスを取り消された主な理由として「複数のアカウントを作っていた場合」や「本人名義でないクレジットカードで決済した場合」が見受けられますが、これらについては「規約にある通り不正扱いになります」とのことでした。

 Twitter上では「他人のPayPayアカウントに自身のクレジットカードを不正に登録され、自身のPayPayアカウントでもそのクレジットカードを登録していたため、自分まで不正扱いされてボーナスがもらえなかった」というケースも報告されています。こうした事例については、「専用フォームからご説明いただき、本人の不正でないと確認が取れれば取り消しを見直します」と説明しました。

 不正をしていないのになぜか取り消されてしまったという人は、一度質問フォームから問い合わせてみるのが良さそうです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ねとらぼの記事をもっと見る 2019年1月11日のIT記事
「PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」のボーナス取り消し報告が続出 PayPay広報に理由聞いた」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    いつものSB詐欺?

    2
  • 匿名さん 通報

    日本は今の状態で良いじゃない?今でさえ銀行預金の残高が数字でしかなくて、ドンドンと残高数値が減っていくって現実。ポイント的な感覚でしかなく個人の預金データーが飛んでしまったらどうするんだ?

    1
  • 匿名さん 通報

    許せないね、不正をしていないのに取り消されてしまった例があるなんて。どうして実行する前に調べないんだろう。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。