【イラスト小説】五月病は恋の病、きみが寂しさを埋める千の方法、目を閉じてもどこにも逃げ場所なんてないんだって気づく

【イラスト小説】五月病は恋の病、きみが寂しさを埋める千の方法、目を閉じてもどこにも逃げ場所なんてないんだって気づく
(illustration by ふせでぃ)
 【イラストレーター・ふせでぃと小説家・鏡征爾による現代を生きる女の子を描くイラスト小説。ふせでぃが描く“現代の等身大の女の子”と鏡征爾の少女的な感性かつ繊細な文体が誰かの心に寄り添いますように。】

 しなければならないことが多すぎて苦しい。

 気にしなければならないことが多すぎて息苦しい。

 それでも私をみてほしい。

 この世界は承認欲求と息苦しさの爆裂的な幻だ。

 Twitter、Instagram、YouTube。

 みんなが気にするのは閲覧数。フォロワー数。

 あらゆるものが数値化される。

 数値がのびないものはばかにされる。

 それでも、どれだけいいねの数が増えても心は増えない。

 それどころか、数が増えれば増えるほど目減りしていく。

 私たちは幻にとらわれた消耗品だ。

 (もっと。もっと。もっと。もっと。のびろ)

 そうやって、数が増えることに苦心しているうちに、

 自分が本当は何をやりたかったのかわからなくなる。

 いや、本当にやりたいことが何かさえわからないのだ。

 本当にやりたいことなんて最初からないのだ。

 私はからっぽな人間だ。大人たちは言う。

 「やりたいことをみつけなさい」

 そうやって、やりたい夢が大学に行けばあるかのように誘導する。

 そうやって、大学にいくために塾や予備校で高額商品を勧誘する。

 「一流大学にいけばやりたいことが叶いますよ」

 やりたいことをやっているようにみえない大人たちがそう呟く。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る 2019年5月25日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。