猫の数だけ形がある 愛猫の最期に向き合うための1冊『まんがで読む はじめての猫のターミナルケア・看取り』

猫の数だけ形がある 愛猫の最期に向き合うための1冊『まんがで読む はじめての猫のターミナルケア・看取り』
もすけと鈴木の物語です
 愛猫の余命が残りわずかと知ったときに飼い主さんができることを考える本『まんがで読む はじめての猫のターミナルケア・看取り』が、5月13日に日東書院本社(辰巳出版グループ)から発売されました。価格は1404円(税込)。

 同書は、余命わずかと診断された猫の“もすけ”と飼い主・鈴木のターミナル期(終末期)から看取りまでを描いた物語。余命宣告、愛猫にとっての心地よい環境作り、投薬・ごはんのコツ、緩和ケア、おみおくりなどについてやわらかい絵柄の漫画で描かれています。

●余命宣告

 飼い主の鈴木は34歳の会社員。もすけとの暮らしは14年になります。もすけの体調がおかしいので動物病院に連れて行った鈴木は、悪性のリンパ腫があることを告げられます。

 ペットが自分より先に死ぬことは分かっていても現実を受け入れられない鈴木。それでももすけはたんたんと生きています。

 どんよりとした気持ちで再訪した動物病院の待合室で、猫の保護ボランティアをしている女性と知り合った鈴木。「やることはいっぱいある」「あなたにしかできないことがある」と励まされます。

 先生と話し合って今後の治療方針を決める鈴木。もすけは早速、抗がん剤治療をスタートします。

●多彩な内容

 同書は漫画ページの他に「ドクターズコラム」や「猫せんぱいの知恵袋」のコーナーがあり、動物病院院長の話や保護猫活動をしている方のケア方法などが紹介されています。投薬のコツや家庭での点滴の方法も具体的なイラスト入りで参考になりそうです。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る 2019年5月26日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。