海外のやりたい放題できる料理ゲームが話題に ナイフでダーツ、まな板でドミノ、オーブンを爆破……

海外のやりたい放題できる料理ゲームが話題に ナイフでダーツ、まな板でドミノ、オーブンを爆破……
燃えても消化されるから安心……!?
 海外のゲーム会社から配信開始された料理ゲーム「Cooking Simulator」が、料理の域を超えてやりたい放題できる仕様で話題になっています。公開中のトレーラー映像の後半がほとんど放火魔にしか見えない。

 ポーランドのPlayWay社が配信しており、開発元はBig Cheese Studio。「クッキングシミュレーション」のタイトル通り、リアルな調理器具と材料でさまざまな料理体験ができるという内容で、「キャリアモード」では新人シェフとして料理の基本からスタート。新たなレシピや技術を習得していくことでレベルアップし、レストランとして名声を得ることが目的となっています。

 そしてもう1つ、用意されているのが「サンドボックスモード」。こちらはすべてのレシピと材料を使って好きなように調理できるというもので、要するにルールのない何でもありのモード。Steamのページでは、ナイフでのダーツやまな板でのドミノ、さらにキッチンそのものに火を掛けたり、オーブンの爆破もできることが紹介されています。公式動画では、その辺に転がってる段ボールにガスバーナーで火を付けて、そこでフライパンを振る姿も。

 6月7日にSteamで配信開始(定価2050円)され、6月8日時点で評価は「ほぼ好評」。レビューでは、真面目に料理をしてクリアしていくのが楽しいといった声から、「調理場を料理するゲーム」としての高評価もあり、さまざまな楽しみ方ができそうです。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る 2019年6月8日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。