「緊急取調室」第3シーズンラストに炸裂した“吉田鋼太郎劇場” キントリ再編成なるか? 有希子と梶山の関係は? 早くも第4シーズンが待ち遠しい

「緊急取調室」第3シーズンラストに炸裂した“吉田鋼太郎劇場” キントリ再編成なるか? 有希子と梶山の関係は? 早くも第4シーズンが待ち遠しい
「緊急取調室」シーズン3最終回レビュー。ゲスト:吉田鋼太郎がスゴかった!
 昨日、6月20日に放送された「緊急取調室」(テレビ朝日系)の第10話(先週放映の9話の後編にあたるストーリー)。第3シーズンのラストにさく裂した“吉田鋼太郎劇場”は、保身に走る人間の愚かさを見せつけた。

●最終回あらすじ「うしろめたさで救助した2人をしつこく説教する聖職者」

 同窓会で同級生らを毒殺した罪で起訴された被告人・北山未亜(吉川愛)と、医大キャンパスで起こった同級生刺殺事件の被疑者・藤井卓生(坂東龍汰)。2人が2カ月前、かつて山のキャンプ場を襲った土砂崩れから救出してくれた地元中学の元校長・染谷巌(吉田鋼太郎)と会っていたことが判明した。

 真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」は真相を明らかにするため、未亜を徹底的に追及。未亜は同窓会の飲み物に毒物を混入した理由を「校長への警告」だと説明した。ちょうどその頃、染谷の話を聞くため伊弉冉沢に向かった梶山勝利(田中哲司)と連絡が取れなくなる。

 キントリは事件の謎の鍵を握ると思われる染谷の取り調べを開始。すると、染谷は医大生殺害をあっさり認めた。藤井を殺すつもりで、誤って別の学生を殺してしまったというのだ。土砂崩れ事故で犠牲になった妻と教え子の今井はるか(今村美乃)に何の感情も抱かない未亜と藤井。2人に対し「私が始末をつけなければいけない」と思ったのが犯行の理由だと染谷は自供する。しかし、事実はそれだけではない。事故直前、未亜と藤井は染谷とはるかが抱き合う場面を目撃していた。事故に遭った未亜は、2人の関係を推し量った上で「先生が大事な人を助けてあげたら?」と言い、染谷は未亜と藤井を優先して救助した。不倫にはいたってなかった、だが染谷がはるかにひかれていたのは事実だった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 吉田鋼太郎 MC
  2. 吉田鋼太郎 おっさんずラブ
  3. 吉田鋼太郎 ドラマ
ねとらぼの記事をもっと見る 2019年6月21日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「吉田鋼太郎 + ドラマ」のおすすめ記事

「吉田鋼太郎 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「吉田鋼太郎 + おっさんずラブ」のおすすめ記事

「吉田鋼太郎 + おっさんずラブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「高良健吾」のニュース

次に読みたい関連記事「高良健吾」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。