今日も一日えらかったのう、たくさん頑張ったのじゃろ、って大人も子どもも褒められていい 「世話やきキツネの仙狐さん」12話

今日も一日えらかったのう、たくさん頑張ったのじゃろ、って大人も子どもも褒められていい 「世話やきキツネの仙狐さん」12話
ありがとう、仙狐さん…… (C)2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
 癒やされたい。肯定されたい。「世話やきキツネの仙狐さん」は、ブラック企業に勤める男性が、神使の狐に何もかも全て癒やされていく、人間全肯定アニメ。優しい空間が覆いかぶさってくる、ある意味現代日本を象徴するような作品です。

●何もしてやれておらんではないか……

 体調を崩した中野。まあ毎日サビ残終電帰り、休日なし、となったら身体壊さないほうがおかしいくらいです。仕事の量も一向に減っていないようですし。

 熱にうかされていた彼が見た夢は、ちょっぴり不思議なものでした。

 「なぜじゃ なぜいつものように起きて頭を撫でてくれんのじゃ…… いやじゃ わらわはまだ主に 何もしてやれておらんではないか……」

 おそらく仙狐さんだと思われますが、もちろんこんな記憶は、二人で生活しはじめてからのものではない。

 1巻の第一尾で仙狐さんは「おぬしの家には恩がある」と語っています。また2巻十五尾では、シロが「センはナカノに先祖の姿を重ねているだけで あなた自身を見てないかもしれないって」と中野に告げたこともあります。

 齢八百の神使の狐、仙狐さん。実のところ中野の先祖との間にどのような関係があったか、具体的には描かれていません。ただこれを見るに、世話をしていたのが中野の先祖側で、仙狐さんは世話される側だったようです。

 中野の先祖目線でしょうか。死の間際、目に入ったのは、今まで一度も見たことがない、泣き崩れる仙狐さんの顔でした。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る 2019年6月27日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。