仮想通貨取引所「ビットポイント」約35億円が不正流出 サービス停止中

記事まとめ

  • 仮想通貨取引所・ビットポイントジャパンが、約35億円の不正流出を発表。
  • 35億円のうち25億円分が顧客からの預かり分、10億円がビットポイントの保有分だという。
  • 12日6時30分に仮想通貨の送受金を停止、10時30分から全サービスを停止している。

仮想通貨取引所「ビットポイント」から仮想通貨約35億円が不正流出

仮想通貨取引所「ビットポイント」から仮想通貨約35億円が不正流出
ビットポイントのWebサイト
 リミックスポイント(東証マザーズ上場)は7月12日、子会社で仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンから仮想通貨の不正な流出が判明したと発表しました。

 現時点で流出総額は概算で約35億円に上り、うち約25億円分が顧客からの預かり分、約10億円がビットポイントの保有分だとしています。

 流出はホットウォレットで管理していた仮想通貨で、コールドウォレットで管理している仮想通貨と法定通貨については流出は確認されていないとしています。ホットウォレットではビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5銘柄を管理しているとのことです。

 リミックスポイントによると、7月11日夜にリップルの不正な流出を確認。ほかの仮想通貨の流出の有無を調査したところ、12日未明、リップル以外の仮想通貨についても不正流出を確認したとのことです。朝6時30分に仮想通貨の送受金を停止、10時30分から全サービスを停止しています。

 ビットポイントは、電力小売り事業などを展開するリミックスポイントの子会社。2018年6月、関東財務局から業務改善命令を受けていました。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る 2019年7月12日のライフスタイル記事
「仮想通貨取引所「ビットポイント」から仮想通貨約35億円が不正流出」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    いつもニコニコ現金払い!

    3
  • 匿名さん 通報

    セキュリティ対策は永遠にいたちごっこだな。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。