椅子に座ったまま、布団に寝たまま、ペットを残したまま…… いつ誰に起きるかわからない「孤独死」の現場を再現したミニチュアが壮絶

椅子に座ったまま、布団に寝たまま、ペットを残したまま…… いつ誰に起きるかわからない「孤独死」の現場を再現したミニチュアが壮絶
「孤独死」の現場を伝える精巧なミニチュア
 8月22日~24日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「エンディング産業展」が開催されました。エンディング産業展とは、墓石、火葬、ペット墓、遺言など、人生の終わりにまつわるさまざまな分野に携わる会社が集まるイベントです。

 さまざまな企業が出展しているなか、ひときわ目を引く展示品がありました。遺品整理の会社「ToDo-Company」ブースに飾られていた、「孤独死の現場のミニチュア」です。

編集部注:本記事は「孤独死」の現場を再現したミニチュアの画像を掲載しています。

 制作しているのは、同社に勤める遺品整理人の小島美羽(こじま・みゆ)さん。小島さんは孤独死の現実を広く知ってもらおうと考え、2016年から独学でミニチュアを作りはじめました。写真では生々しすぎて見てもらえない場合、また故人のプライバシーを守れない場合があるため、適度に現実をデフォルメしたミニチュアを通じて伝えることにしたそうです。

 例えば首都圏で政治活動をしていたという男性が亡くなった部屋のミニチュアは、高価そうな家具や芸術品が飾られているなか、1つの椅子だけに血がしみついています。男性は高級マンションの一室で、椅子に腰かけたまま亡くなっていたそうです。高級マンションは防音や防犯がしっかりしているため、かえって中で人が亡くなっていることに気づかれない場合があるといいます。この作品は、経済状況にかかわらず、孤独死は誰にでも起きうることを伝えています。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る 2019年8月22日の社会記事
「椅子に座ったまま、布団に寝たまま、ペットを残したまま…… いつ誰に起きるかわからない「孤独死」の現場を再現したミニチュアが壮絶」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    卒塔婆は印刷、お経は録音。いや、肉声であっても生臭坊主のお経では誰も成仏せんがな。

    1
  • 匿名さん 通報

    うちは先日、うとうとしてたら母ちゃんの霊が出てきてくれてな、、、はねのけていた薄い掛け布団を掛け直してくれた。起き上がって泣いた。

    0
  • 匿名さん 通報

    エ、エ、エ…エンディング産業……少しは格好良く聞こえる…。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。