「1分たりとも残業は許さん」 “残業”と“遅刻”、捉えられ方が逆だったら? 「もしもの世界」描く漫画に反響

「1分たりとも残業は許さん」 “残業”と“遅刻”、捉えられ方が逆だったら? 「もしもの世界」描く漫画に反響
働き方はどう変わる?
 「日本人は始業時刻に厳しい反面、終業時刻にはルーズで残業が多い」といった言説をしばしば見かける昨今、そんな社会を皮肉った漫画「もしも残業と遅刻の捉え方が逆だったら」が好評を博しています。つまり、遅刻には寛容で残業には厳しい「もしもの世界」……我々の世界とどう変わってくるのか?

 イラストレーターの橋本ナオキさんが手がける「毎日でぶどり」シリーズの1編。漫画は主人公のでぶどりが、2時間遅れで出社するシーンで始まります。普通なら上司にこってり絞られそうなところですが、ここは価値観が異なる世界。怒られるどころか周囲には当たり前のように見られ、でぶどりもやむを得ず遅刻している口ぶりです。

 でぶどりいわく、「本当は始業時間ピッタリに来たいけど、みんなが遅刻するなかで1羽だけちゃんと出社するのは気が引ける」。なかなか混乱させられるセリフですが、我々の世界でありがちな「みんなが残業しているのに自分だけ帰るのは気が引ける」にあたることを言っているようです。そうか、まわりに合わせて遅刻しろと、同調圧力がかかる世界なのか。

 そんな会話を聞いて、上司は「遅刻するのはけっこうだが、月の遅刻時間は45時間までだぞ」と注意。でぶどりの「時代ですなあ……」というつぶやきから察するに、たぶん昔は月100時間単位の遅刻も当たり前だったところが、「働き方改革」で制限されるようになったんでしょうね。

 そして業務について7時間後。わずかながら規定の終業時刻を超えていることに気付き、でぶどりは大あわてで帰宅します。必死さが、我々が寝坊したときのそれ。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る 2019年9月15日のライフスタイル記事
「「1分たりとも残業は許さん」 “残業”と“遅刻”、捉えられ方が逆だったら? 「もしもの世界」描く漫画に反響」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    昔の話だが、役所が5時までやってるはずなのに4時45分には来客(一般市民)が書類を提出するための受付箱を撤去して帰り支度を始めていた。今はどうか知らない。

    0
  • 匿名さん 通報

    ある役所の所長は出所するとまず新聞を広げ、読み終わると窓の音を眺め、また新聞を眺め、その繰り返しだけで1日を終えて高給を得ていた。目撃しました。

    0
  • 匿名さん 通報

    大体が天下り役人って役員の肩書きだけで会社に行かないよ。朝からゴルフ場に行く。

    0
  • 匿名さん 通報

    道路に段差があって「自転車には転倒の危険があるので平らにしてください」と役人に言ったら「直さない」とはっきり言われました。

    0
  • 匿名さん 通報

    プッツン切れた爺さんが包丁を持って市役所を襲撃した事件、ネットで余程叩くかと思ったら正反対で、9割以上が役所の対応が悪いとの怒りの書き込みで驚いた。笑えない、、。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら