オタクの孤独死、現場に取り残されるペット…… 「孤独死のミニチュア」を作り続ける遺品整理人に聞く「終活」

オタクの孤独死、現場に取り残されるペット…… 「孤独死のミニチュア」を作り続ける遺品整理人に聞く「終活」
遺品整理人に聞く、「死への備え」の重要性
 「孤独死が誰にとってもひとごとではないことを伝えたい」という思いから、自身が見てきた孤独死の現場を題材にしたミニチュア模型を作っている遺品整理人、小島美羽さん。2019年8月に出版した初の著書『時が止まった部屋 遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし』(原書房)は、発売後2週間で重版がかかる大反響となりました。

 ねとらぼ編集部は、小島さんの働く遺品整理・特殊清掃の会社「遺品整理クリーンサービス」を訪れ、直接お話をうかがいました。連続インタビュー最終回となる本記事では、孤独死の現場に残されるペットや、オタクが生前やっておくべきことについて考えます。

●この企画は全3本の連載記事です。

第1回:【試し読みあり】遺品整理から、日本全体が見えてくる 「孤独死のミニチュア」を作り続ける遺品整理人はなぜこの道を選んだのか?(2019年9月21日公開)

第2回:遺品整理ってどうやって頼めばいいの? 「孤独死のミニチュア」を作り続ける遺品整理人に聞く「現場」の話(2019年9月22日公開)

第3回:オタクの孤独死、現場に取り残されるペット…… 「孤独死のミニチュア」を作り続ける遺品整理人に聞く「終活」(2019年9月23日公開)

●依頼人の心も整理する

――依頼人の方にかけられた言葉で印象に残っているものはありますか。

 乳がんで亡くなってしまったお姉さんのお部屋の片づけを依頼してくださった方の言葉でしょうか。作業が終わった後にお姉さんの亡くなるまでの話を聞いたんです。「姉はずっとつらいのに全然泣かなくて、でも亡くなるときに『みんなより先に亡くなっちゃってごめんね』と言うので、(依頼人も)泣いた」という話をされながら泣いてらして、つられて私も泣きました。話をした後に「ありがとうございました、救われました」と言われたのが印象に残っています。「力になれてよかった」と思いました。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る 2019年9月23日の社会記事
「オタクの孤独死、現場に取り残されるペット…… 「孤独死のミニチュア」を作り続ける遺品整理人に聞く「終活」」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    「これ売ろうぜ」←同僚じゃなくて泥棒。これが今の日本人の民度。

    6
  • 匿名さん 通報

    「殺処分してください」って言った奴にものすごい天罰が当たりますように!

    4
  • 匿名さん 通報

    なんか言い訳がましい悪趣味にしか見えない。今後役に立つとは思えない。

    3
  • 匿名さん 通報

    兄弟がいたりすると、もう一人はそうゆう状況ではない?当たってませんか?で、自分だけ子供時代の写真が全くない。親に愛されなかった事が原因とも言えます。個人の努力だけでは、報われるようになっていません。

    2
  • 匿名さん 通報

    上半期の事件コメントで「これから、こうゆう事件増える~」と発言したオカマタレントを思い出した。何不自由なく育てられたのかな?(僻んでんじゃね~よとか、また揚げ足取りにあいそうだけどコメする)

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら