オンライン署名サイト「Change.org」署名開始後に内容を大幅変更

記事まとめ

  • オンライン署名サイト「Change.org」で、署名開始後に題名や内容の大幅変更があった。
  • ネットでは「自分の署名がどんな名目で利用されるか分からん」「信頼性ゼロ」などの声。
  • 同社によると編集機能は内容のアップデートのためで、変更は許容していないという。

「オンライン署名の内容が後から変更可能」に「信頼できない」と懸念の声 Change.orgに問題ないのか聞いた

「オンライン署名の内容が後から変更可能」に「信頼できない」と懸念の声 Change.orgに問題ないのか聞いた
大幅に変更された署名(一部編集部で加工しています)
 オンライン署名サイトChange.orgで、署名の内容が開始後に大幅に書き換えられたことが指摘され、問題視されています。

 問題の署名は当初「竹田恒泰氏の講演を中止に追い込んだサヨクをタイーホしてください!」との題名で公開され、関係のない人物を脅迫に関わったと名指しする内容でした。この署名はポリシー違反としてユーザーから通報され、現在は削除されています。

 その後署名の題名が「教育勅語を義務教育に採用してください!」「教育勅語を義務教育に採用してください!それと『関西生コン事件』を報道して関係があると思われる国会議員を追究してください」と関係のないものに変えられ、内容も変更されました。

 賛同を集めたあとで署名の題名や内容を変更できてしまうと、賛同した人の意図に沿わない形で署名が利用されてしまう恐れがあります。ネットでは「自分の署名がどんな名目で利用されるか分からんのならもう二度と使わん方が良さそうね」「もう迂闊に署名できない」「信頼性ゼロ」など信頼性に疑問を呈する声が見られます。

 編集部では、Change.orgに署名の内容変更について問い合わせました。

―― Change.orgでは署名の題名や内容を好きなタイミングで変更できるのですか

Change.org 緊急性の高いキャンペーンや意思決定者に長期的に働きかけていくキャンペーンの場合に、立ち上げ後に状況に応じてキャンペーンの内容をアップデートしたり、より説得力のある内容にしたり、より多くの人に理解してもらえるようにわかり易くしたりできる余地があるよう、署名キャンペーンを立ち上げた後にその題名や内容を編集することは可能になっています(参考:キャンペーン文は後から編集できるの?公開後も編集していいの?)。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る 2019年11月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。