えっ、これがケーキ!? ケーキ屋さんが作った「カップヌードルのケーキ」がガチすぎる

えっ、これがケーキ!? ケーキ屋さんが作った「カップヌードルのケーキ」がガチすぎる
カップヌードルそっくり!(画像提供:日清食品)
 ユニークな投稿がたびたび話題になる日清食品のカップヌードル公式Twitterアカウント。なかでも、1月7日の「知り合いのケーキ屋さんにカップヌードルのケーキを作ってもらったのですが、思っていたよりガチだった件」との投稿には、9万を超える「いいね」がつく大反響となりました。投稿された“ケーキ”はどこからどう見てもカップヌードルにしか見えません。

 麺も具材もお菓子で作られていること、底の隙間まで再現されていることなどに驚きのリプライが寄せられました。このケーキを作ったのはいったい誰なのか、どうやって作ったのかといった疑問を、カップヌードル公式アカウントの中の人(以下、中の人)に聞いてみました。

●めっちゃ気になる、「知り合いのケーキ屋さん」

 「知り合いのケーキ屋さん」とは東京・祖師谷で創業80年の老舗洋菓子店「コンディトライ・ニシキヤ」のオーナーシェフ、西田喜孝さん。「コンディトライ・ニシキヤ」では、市販向けだけではなく、テレビ用のデコレーションケーキや著名人のバースデーケーキも手掛けています。

 「カップヌードル」そのものに見えるケーキの製作を依頼した「中の人」も、出来上がったケーキを見て「本物と見間違えるような完成度の高さに驚きました」とびっくりしたそうです。

●どうやってケーキでカップヌードルを作ったの?

 カップ部分はパスティヤージュという素材。シュガーアート、シュガークラフトとも呼ばれる、砂糖、卵白、ゼラチンを固めたもので、さまざまな形を作れます。パッケージロゴは、食べられる紙にロゴを印刷し、その上にグラスというパウダーシュガーにレモン果汁を入れて着色したジャムのようなものを塗ったとのことです。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月13日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。