意外と知らない? ワンコに必要なお尻のお手入れ

意外と知らない? ワンコに必要なお尻のお手入れ
健康でいてほしい
 ワンちゃんの肛門絞りはうまくできていますか? 特に小型犬は、自分でうまく分泌液を出すことができないため、飼い主さんが小まめに絞ってあげる必要がありますが、上手にできないという人も多いかもしれません。今回は、そんな肛門絞りのコツについてお伝えします【ペット手帳】。

●肛門腺とは? どんなお手入れが必要?

 肛門腺とは、肛門の両脇にあって、その中には臭いを伴う分泌液が入っています。その分泌液がたまりすぎると、肛門腺炎や肛門腺破裂などのリスクがあるため、定期的にお手入れをする必要があります。排せつ時に一緒に出やすい大型犬に対して、小型犬は自然に出にくいため、特に注意が必要です。

 肛門腺を触ってみて、皮膚と違う何かが入っているような感触がすれば、分泌液がたまっているということ。その他、ワンちゃんが床におしりをこすりつけていたら、それも分泌液がたまっているサインです。大まかな目安としては、1カ月に1度は絞るようにしてあげましょう。

 肛門腺の下から、ティッシュを当てて骨盤に沿って優しくもみ上げると、分泌液が出てくるので、拭きとってあげましょう。強くしすぎるとワンちゃんが痛みを感じたり、肛門周りを傷つけてしまったりすることもあるので、力を入れすぎないようにしてください。出てきた分泌液が赤や緑色がかっていたら、異常がある可能性もあるので、動物病院に行きましょう。

●うちの子の肛門腺事情を知ろう!

 肛門腺は、ワンちゃんによってもその位置やたまりやすさ、大きさなどが違っていて、外から絞れる子もいれば、中からしか絞れない子もいます。たまる分泌液の色や形状も違っているため、なかなか飼い主さんだけでは判断が難しいこともあるでしょう。

 もし飼い主さんだけでは解決できない場合には、獣医師や動物看護師、トリマーなどに相談することも重要です。

 うちの子の肛門腺がどこにあって、どうすれば絞りやすいのか、コツを教えてもらうといいでしょう。その結果、自宅で肛門絞りを行うことが難しそうであれば、プロにしてもらうのも一つの手かもしれません。

 普段から肛門腺の状態をしっかりと把握し、お手入れをしてあげることが大切です。プロの手を借りつつ、小まめにケアをしてあげましょう!

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月28日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。