「絶対に作者だとバレてはいけない」――ゲーム感覚で楽しめる作品批評会「作者人狼」が楽しそう

「絶対に作者だとバレてはいけない」――ゲーム感覚で楽しめる作品批評会「作者人狼」が楽しそう
創作クラスタでできる遊び「作者人狼」が楽しそう、かつ創作力アップに役立ちそうです!
 作品批評会をゲームのように楽しめるユニークなアイディア「作者人狼」がTwitterで注目されています。

 紹介者は担々さん。1000字程度の作品を「匿名で提出する」ことで、感想会と同時に「作者当て」が楽しめる遊び。参加者が自分の正体を隠しながら駆け引きする「人狼ゲーム」のような体験ができます。

 担々さんが紹介している「作者人狼」のやり方は、(1)Googleドライブに期日までにそれぞれの下書きを匿名(ペンネーム)でアップロードする、(2)みんなで集まって下書きを読みながら感想会をする、(3)絶対に作者だとバレてはいけない――というもの。「人狼」ゲームとは異なり勝敗を競うものではないものの、正体を隠したり見抜いたりする面白さは似ています。

 隠していても、作品の傾向によって正体が看破される場合も。たとえば紹介ツイートでは「テーマがアダム・スミスの国富論で、魔法少女モノ!? こんなの書くの経済雑誌編集者しかいない」というバレバレなケースが挙げられています。

 一方「テーマが平家物語で、青銅の鏡が主人公」という要素だけでは「考古学者」か「国文学オタク」のどちらが書いたかわからない、という一筋縄ではいかない例もあったのだとか。この性質を逆手に取って、あえてほかの参加者が書きそうなものを出す……というメタ的なプレイをしても楽しそうです。

 「作者人狼」が生まれたのは、「自分の小説を人に見られるのは恥ずかしい」けど、「客観的に読んだアドバイスが欲しい」という気持ちから。提出する下書きにあらかじめ「書きたかったこと」や「欲しいアドバイス」も添えておくのがポイントです。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月30日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。