YouTube、動画再生中に出る「ミッドロール広告」対象拡大 「10分超え動画」から「8分超え」に

YouTube、動画再生中に出る「ミッドロール広告」対象拡大 「10分超え動画」から「8分超え」に
告知
 YouTubeは、動画再生の最中に表示される「ミッドロール広告」の対象を7月後半から拡大すると明らかにしました。これまで「10分を超える動画」とされていましたが「8分を超える動画」となります。

 この変更により、対象となる全ての既存の動画と今後アップロードする動画でミッドロール広告が有効になるとしています。なお、投稿者が以前にミッドロール広告を無効にしている動画も対象になるとのこと。ミッドロール広告を表示しない場合は、7月27日までにYouTube Studioで設定を指定するよう呼びかけています。

 YouTubeは、ミッドロール広告は「動画内の自然な切れ目に自動的に挿入される」としていますが、挿入箇所はYouTube Studioでも指定できます。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「YouTube、動画再生中に出る「ミッドロール広告」対象拡大 「10分超え動画」から「8分超え」に」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ああ、あの動画を台無しにする広告ね。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月12日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。