コロナ禍を反映した「サラリーマン川柳」入選100句を発表

記事まとめ

  • 第34回 第一生命サラリーマン川柳コンクールの優秀100句を発表。
  • テレワークやリモート飲み会など、世相を反映した作品が選ばれた。
  • ベスト10を決める投票を1月27日から3月19日まで実施する。

「どこにある ステイホームで 俺の場所」 コロナ禍を反映した「サラリーマン川柳」入選100句を発表

「どこにある ステイホームで 俺の場所」 コロナ禍を反映した「サラリーマン川柳」入選100句を発表
「第34回 第一生命サラリーマン川柳コンクール」
       
 第一生命保険は1月27日、「第34回 第一生命サラリーマン川柳コンクール」の優秀100句を発表しました。コロナ禍のテレワークやリモート飲み会など、世相を反映した作品が多く選ばれています。

 コンクールは2020年9月から10月にかけて実施し、応募総数6万2542句の中から全国優秀100句を決定。この100句の中からベスト10を決める投票を、1月27日から3月19日まで、特設サイト上で実施します。ベスト10の発表は5月下旬頃の予定。

 入選作には、「テレワーク 大きな子供が ひとり増え」「ブツブツと 途切れる意識と 無線ラン」「ハンコ不要 出社も不要 次はオレ?」など、テレワークにちなんだ句が多くなっています。

 また、リモート飲み会ネタも目立ち「今の何? 半裸横切る Web飲み会」「ズーム飲み 背景代えて はしご酒」「終電が、、。 WEB飲み会では 充電が、、。」といった句が選出されています。

 このほか、「『密です!』と 訴えたいのは 仕事量」「あつ森に ローンの返済 先越され」「どこにある ステイホームで 俺の場所」など、昨今のトレンドを反映した句が多数入選しました。

 また、同時開催した20代限定企画の写真を選んで一句詠む「#フォトサラ」では、「忘れてた 今日の面接 オンライン」など、若者の悲哀をユニークに詠んだ作品が多数入選。ご当地ネタで地域を応援する「地元サラ川」では、「大自然 無理なく作れる ディスタンス」など、地元のあるあるや世相を方言で詠んだ川柳が寄せられました。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月27日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。