VTuberになる初期費用はおいくら? ある新米バ美肉おじさんの解説漫画が参考になる

VTuberになる初期費用はおいくら? ある新米バ美肉おじさんの解説漫画が参考になる
結論から言うと、投稿主が投じた費用は17万円以上。大半は新規購入したノートPCが占めているので、手持ちの機材を流用できる人はもっと安く済みます
 あるVTuberが、機材やソフトにかけた費用を漫画にまとめて公開しました。これから始めたい人、興味がある人の参考になりそう。

 投稿主は同人誌や商業誌、ネットで漫画の活動をするなか、2020年10月にVTuberデビューした「渡りに船」さん。中身は男性だと公表している、いわゆる「バ美肉おじさん」で、主にゲーム実況を地声で配信しています。

 メインの機材はASUS製ゲーミングノートPC。仕事用とはPCを分けたいからと、13万7769円で新規購入したもの。

 当初は昔買ったマイクをそのまま使い、のちに音質の向上をはかって、オーディオテクニカの「AT2020」を1万780円で購入。コンデンサーマイクの動作には「ファンタム電源」が必要だと知らずに買ったため、ベリンガーの「UM2 U-PHORIA」(※)に5600円の追加出費が発生したそうです。

※ファンタム電源を搭載するオーディオインターフェース

 ゲーム映像の録画には、ElgatoのUSB 3.0接続キャプチャボード「HD60 S」を1万9764円で購入。4000円台で買える格安の製品もありましたが、一般的な製品の価格帯が2万円前後と考えると、安すぎて怖いと判断し、却下しています。

 VTuberの顔となるモデルについては、自前のイラストをもとに「Live2D」の無料版で作成したため、出費はなし。ただし、モデルと自分の動きを連動させるソフト「FaceRig」(本体1480円、Live2D用のオプション398円)に費用がかかっています。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「VTuber」に関する記事

「VTuber」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「VTuber」の記事

次に読みたい「VTuber」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月28日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。