Twitter、不快なリプライをあらかじめフィルタリング・制限できる機能を検討

 Twitterが、不快なリプライをあらかじめフィルタリングしたり制限したりできる機能を検討していることを同社のデザイナーが明らかにしました。

 同社のデザイナー、Paula BarcanteさんがTwitterで「Filter(フィルター)」「Limit(制限)」のコンセプト画像を公開しています。

 「フィルター」は不快なリプライや一方的に繰り返し送られるリプライが、投稿した本人にしか見えないようにする機能。「制限」は前述のような投稿をする傾向があるアカウントからリプライができないようにする機能となっています。

 これらの処理は自動で行われるため、精度は完全ではない可能性があるため、フィルタリングされたリプライや制限されたアカウントをユーザーが確認して解除できるオプションも検討しているといいます。

 Barcanteさんはこれらのコンセプトについてどう思うかTwitterで問いかけ、フィードバックを募っています。

あわせて読みたい

ねとらぼの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク