新「iPad Pro」を試して判明した驚異の実力 もはやパソコン超えか

新「iPad Pro」を試して判明した驚異の実力 もはやパソコン超えか
新しい「iPad Pro」。写真は12.9型モデル
 新しい11型と12.9型の「iPad Pro」が登場した。製品の位置付けは、コンテンツの閲覧が中心のタブレットである「iPad」を、知的生産性やクリエイティブのためのツールとして高めた「iPad Pro」シリーズの後継モデルだ。

 しかし、その実態はiPadの誕生以来、最も大きな更新といえる。昨年、「iPhone」は登場から10年を経て、操作体系や個人認証の仕組みなど、製品全体を形作る枠組みを変え、「iPhone X」ファミリーとして新しい進化の基礎を築いたが、今回のiPad Proはそのときと同じような立ち位置にある製品だ。

 iPhone Xファミリーのようにホームボタン(Touch ID)が廃止され、コーナーを丸く切り欠くことで本体形状にピッタリとスクリーンが寄り添うデザインへと変更。全体のフォルムも、従来は背面側が丸みを帯びていたのに対し、より表裏均等な1枚の石板のような風貌となった。加えて、赤外線プロジェクターを用いた立体センサー内蔵の顔認証機能「Face ID」も搭載している。

 こうした一連の技術、操作の枠組みは、iPhone Xから続く新しいiPhoneの技術とノウハウをiPadという製品ジャンルに持ち込んだものだ。

 まさに刷新という言葉が似合うほど、大きくイメージを変えたiPad Proだが、従来のノウハウをきちんと反映しているという意味において堅実な進歩も果たした。2015年に発表された初の12.9型iPad Proから続く従来型製品で得られたノウハウを反映し、「Apple Pencil」の扱いやキーボード機能を兼ねた本体カバー「Smart Keyboard」の装着方法を改善。いずれも、扱いやすいものになっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

記事提供社から

「新「iPad Pro」を試して判明した驚異の実力 もはやパソコン超えか」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    それは”PCを越えた”ではなく”PCに成り下がった”と言うのが正しい表現です

    1
  • 匿名さん 通報

    画像のファイル名はフォトアプリから見えるようになったんですかね?

    0
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。