テクノロジーを安心できる社会づくりに役立てる「Apple=安心ブランド」の戦略とは

テクノロジーを安心できる社会づくりに役立てる「Apple=安心ブランド」の戦略とは
WWDC 2019でさまざまな発表を行ったApple
 AppleがWWDC 2019で行った膨大な量の発表。その中でも、昨今の同社の姿勢が際立ったのが「Sign in with Apple」だ。確かに渋い機能ではあるが、シンプルな外観の裏側にかなり多彩な役割や、戦略を込めたデザインが同社らしくて面白い。今後、迷惑メール増加の抑止力となることも期待できる。

 本稿ではこの機能に代表されるWWDCで発表されたアップルの「安心」機能を紹介しつつ、今、シリコンバレーの外で勢いを増す、テクノロジーを安心できる社会づくりに役立てる「Technology for Good」の潮流についても紹介する。

●「Sign in with Apple」という抑止力

 Sign in with Appleは日本語に訳すと「Appleを使ってログイン」だ。よく見る「Facebookでログイン」、「Googleでログイン」といったソーシャルログインの代わりになる機能である。これを使えば、Face IDの顔認証で面倒な操作なく一瞬にログインし、すぐにアプリやサービスが使えるようになる。それに加えて提供者があなたを特定したり、奪った情報で迷惑メールを増やしたりできなくなるのも魅力だ。

 隅々まで練られた機能だが、中でも印象的なのは「ユーザー登録用電子メールアドレス」のアイデアだろう。登録したサービスで、何かがあった時の本人確認や連絡用のメールアドレスの登録は一般的に行われている。Appleは決してそのニーズを否定してはいない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia PC USERの記事をもっと見る 2019年6月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。