大型のE Inkタブレット「Boox Max3」を試す(入門編)

大型のE Inkタブレット「Boox Max3」を試す(入門編)
Onyx International「Boox Max3」。13.3型のE Inkディスプレイを搭載する。もちろん技適も取得しており、国内ではSKTから販売される
 ドキュメントの表示に最も適したタブレットと問われて、12.9型iPad Proを思い浮かべる人は多いだろう。実際、B5サイズをほぼ原寸で表示できる12.9型iPad Proは、ドキュメントビューアとして非常に魅力的だ。

 とはいうものの、これだけ画面が大きいと輝度などを最適化していても、目が疲れてしまうこともしばしば。重量も600gオーバーということで、長時間続けて保持するのはちょっとつらい。

 そういった人にとって注目なのが、ここで紹介するOnyx Internationalの「Boox Max3」だ。これはBooxが生産するAndroidタブレットの最新モデルで、13.3型のE Ink電子ペーパーディスプレイを搭載しつつ、500g以下という軽量ボディーを実現している。Androidゆえ、Google Playストアも利用できる。

 今回の前編では基本的なスペックや特徴、アプリケーションの使い方について、次回の後編ではビューア機能やノート機能、さらにサブディスプレイ機能といった個別の機能についてチェックしていく。

●13.3型にして約490gと軽量なボディー

 まずはスペックと外観を見ていこう。画面サイズは13.3型と大型で、同じE Ink電子ペーパー端末であるKindle(6型)と並べると、親と子ほども違う。画面解像度も2200×1650ピクセルと十分だ。

 ボディーは約6.8mmと薄型で、iPadなどのタブレットと比べても遜色がない。モノクロ16階調のE Inkパネルはタッチ操作をサポートしており、一般的なタブレットと使い勝手は同様だ。4096段階の筆圧検知に対応したワコム製スタイラスの利用もサポートしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia PC USERの記事をもっと見る 2019年11月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ノートPC」のニュース

次に読みたい関連記事「ノートPC」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。