「Windows 10 バージョン1909(November 2019 Update)」製品版が登場 Windows Updateから「オプションの更新」として適用可能

「Windows 10 バージョン1909(November 2019 Update)」製品版が登場 Windows Updateから「オプションの更新」として適用可能
Windows 10 バージョン1909の製品版のビルド番号は「18363.476」となる
 Microsoftは11月13日(日本時間)、「Windows 10 バージョン1909(November 2019 Update)」の製品版を公開した。現時点ではWindows Updateの「オプションの更新プログラム」として適用できる(詳しくは後述)。

●Windows 10 バージョン1909の概要

 Windows 10 バージョン1909は、Microsoft内部で「19H2」と呼ばれていた機能更新プログラム(大型アップデート)。前バージョンの「バージョン1903(May 2019 Update)」と比べると、機能や仕様面での大きな変更はないが、主に以下の機能改善が行われている。

・タスクバーのカレンダー表示からスケジュールを登録する機能の追加

・通知の管理の機能強化

・エクスプローラーにおいて、「OneDrive」にあるオンラインファイル(≒ダウンロードされていないファイル)も検索可能に

・スタートメニュー左端のナビゲーションアイコンにマウスポインタを乗せると、項目名が展開するように

・ロック画面でもサードパーティーの音声アシスタント(Amazon Alexaなど)を呼び出せるように

●まずアップデートとして配信

 記事掲載時点において、バージョン1909の配信対象は更新を手動検索したデバイスに限られる。適用の手順は以下の通り。

1. 「設定」の「Windows Update」を開く

2. 「更新を確認」をクリック(タップ)する

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia PC USERの記事をもっと見る 2019年11月13日のIT記事
「「Windows 10 バージョン1909(November 2019 Update)」製品版が登場 Windows Updateから「オプションの更新」として適用可能」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    こんなお粗末なもん未だ使ってるバカいるんだ。しかも完成間際のトロンを闇に頬むったマイクロソフト。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。