Lenovoとの合弁はどう? 「兄弟」との関係は? USキーボードモデルは?――富士通クライアントコンピューティング齋藤社長に聞く

Lenovoとの合弁はどう? 「兄弟」との関係は? USキーボードモデルは?――富士通クライアントコンピューティング齋藤社長に聞く
富士通クライアントコンピューティングの齋藤邦彰社長
 富士通からPC事業が分離する形で2016年2月に発足した富士通クライアントコンピューティング(FCCL)。2018年5月、FCCLはLenovo、富士通と日本政策投資銀行の3社による合弁企業に生まれ変わった。

 「合弁」とはいうものの、出資比率ベースで見ると、現在のFCCLは「富士通グループ」ではなく「Lenovoグループ」に属する。しかし、FCCLは研究・開発や生産体制においてLenovoから独立した位置を保ち続けている。

 Lenovoグループ入りから約1年半。FCCLはどこが変わり、何処が変わっていないのか。齋藤邦彰社長に話を聞いた。

●Lenovoや富士通との関係 Windows 7のサポート終了の「反動」

―― FCCLがLenovoとの合弁体制になっておよそ1年半が経過しました。企業経営の面、あるいは製品開発の面で合弁の成果は発揮できているのでしょうか。

齋藤社長 私たちの事情もありますが、去年(2018年)はCPUの調達で苦労する場面もありました。その点では(Lenovoとの合弁が)役に立ったと思います。

―― CPUの調達面では効果が出ているということですか。

齋藤社長 そうですね。出荷台数でいえば(LenovoはFCCLの)17倍ほどの規模がありますからね。

 製品面では、相互補完するイメージになっています。Lenovoはワールドワイドでシェア1位です。それゆえに、たくさん売るために(価格を抑えられる)エントリーモデルに偏ってしまいがちです。

あわせて読みたい

ITmedia PC USERの記事をもっと見る 2019年11月20日のIT記事
「Lenovoとの合弁はどう? 「兄弟」との関係は? USキーボードモデルは?――富士通クライアントコンピューティング齋藤社長に聞く」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    使いもしないソフトをこれでもかと入れ込んで販売するなよ。その分の経費で消しゴムキーボードを捨ててパンタグラフキーボードに戻してくれ。軽さより普段の使いかたを最重視してくれや。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。