なぜ今、NECPCは米国再進出を目指すのか? 薄型・軽量ではない日本クオリティーの持つ意味

なぜ今、NECPCは米国再進出を目指すのか? 薄型・軽量ではない日本クオリティーの持つ意味
NECPCのデビット・ベネット社長(レノボ・ジャパン社長を兼任)
 「CES 2020」に合わせて、NECパーソナルコンピュータ(NECPC)が米国市場に進出することを明らかにした。

 日本国内のPC市場においてトップシェアにあるNECPCは、かつて米国市場に挑戦し、事実上撤退した過去もある。なぜこのタイミングで米国市場に再挑戦するのか。

 米ラスベガスで行われたグループインタビューで、デビット・ベネット社長に米国再挑戦の背景を聞いた。

●米国でもPCを販売していた過去

 NECPCが米国においてPCを販売すること自体は、先述の通り初めてのことではない。

 同社のルーツであるNEC(日本電気)はかつて、米国でPC/AT互換機を販売していた。NECは1995年、当時は米国のPCメーカーだったPackard Bell(パッカードベル)に出資し、翌1996年にNECの海外PC事業を統合して社名を「Packard Bell NEC」に改めた。しかし、Packard Bell NECは2000年に米国でのPC事業から撤退し、紆余(うよ)曲折を経て、現在は台湾Acerが一部地域で展開するPCブランドの1つとなっている。

 現在のNECPCも、「2015 International CES」において、現在の親会社であるLenovoのプライベートブースに軽量モバイルノートPC「LaVie Z」を展示した過去がある。

 このLaVie Zは13.3型で約779gという驚異的な軽さが話題となり、数々のアワードを受賞するなど注目を浴びた。その後、LaVie Zは「Lenovo LaVie Z」として米国でパイロット(試験)販売されることになる。

あわせて読みたい

ITmedia PC USERの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「なぜ今、NECPCは米国再進出を目指すのか? 薄型・軽量ではない日本クオリティーの持つ意味」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    NECは98時代に一般ユーザー相手にバカみたいに儲けたのだから、赤字覚悟当然でまず日本国内ユーザーに還元しろ。プリンタやCDプレーヤー込みの抱き合わせで教育機関向けに販売した悪魔がっ。

    3
この記事にコメントする

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月29日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。