フラグシップとエントリーの実力はいかに? 「Ryzen 9 5950X」「Ryzen 5 5600X」をベンチマークテストでチェック

フラグシップとエントリーの実力はいかに? 「Ryzen 9 5950X」「Ryzen 5 5600X」をベンチマークテストでチェック
Ryzen 9 5950X(左)とRyzen 5 5600X(右)のパッケージ
 AMDが2020年10月に発表した、デスクトップ向けRyzen 5000プロセッサ。ITmedia PC USERでは2020年11月、「Ryzen 9 5900X」と「Ryzen 7 5800X」の実力をチェックした。

 この記事では、2021年2月現在におけるデスクトップ向けRyzen 5000プロセッサの最上位モデルとなる「Ryzen 9 5950X」と、エントリーモデルである「Ryzen 5 5600X」の実力をベンチマークテストを通してチェックしていく。以前の記事と合わせて参考になれば幸いだ。

●Zen 3アーキテクチャを採用 Ryzen 5 5600XはCPUクーラー付属

 デスクトップ向けRyzen 5000シリーズプロセッサは、現時点において全て7nmプロセスの「Zen 3」アーキテクチャを採用している。CCX(CPUコアユニット)におけるL3キャッシュの構成の変更や実行ユニットの改善などを施すことによって、IPC(クロック当たりの処理命令数)を先代の「Zen 2」アーキテクチャから最大で19%改善している。

 その最上位モデルであるRyzen 9 5950Xは、16コア32スレッド構成だ。動作クロック(周波数)は3.4GHz~4.9GHzと、以前紹介したRyzen 9 5900X(3.8GHz~4.8GHz、12コア24スレッド)よりもベースクロックは控え目でブーストクロックもわずかだ。ただし、TDP(熱設計電力)は105Wに据え置かれ、L2キャッシュは2MBほど多くなっている。

あわせて読みたい

ITmedia PC USERの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「フラグシップとエントリーの実力はいかに? 「Ryzen 9 5950X」「Ryzen 5 5600X」をベンチマークテストでチェック」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    値段なりってだけのこと

    0
  • 放火殺人シティ頭狂超速報 通報

    ≪頭狂死亡≫≪頭狂火災≫1方≪PCの話題で自らの不都合な事件ひた隠す中国そのままごーかん最多頭狂穢土人民腸栓共和国では≫≪頭狂で一名死亡二名負傷≫頭狂火災で老女死亡する火災があった事がわかった

    0
  • 匿名さん 通報

    intel派としてはちょっと。最近落ち目のintel

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月24日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。