WWDC21で新ハードウェアは出なくとも「Apple Siliconが戦略の中心」と感じた理由

 Appleの開発者向け会議「WWDC21」で新製品を期待していた人にとって、現地時間の6月7日に開催された基調講演は肩透かしだったかもしれない。なにしろハードウェアの新製品は1モデルも発表されなかったのだ。

 もっとも、基調講演でのデモはあらかじめ録画・編集された映像ということもあり、実に緻密でAppleの戦略の力強さをあらためて感じさせるものだった。

 ご存じの通り、WWDC(Worldwide Developers Conference)とはAppleが年末に向けてリリースする各OSの新バージョンに対して、開発者がアプリケーションを最適化するための情報やツールを提供するのが目的のイベントで、製品戦略を発表する場ではない。

 しかし注意深く各OS(iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOS)の改良点をチェックしてみると、そこにはAppleの緻密な戦略が浮かび上がってくる。

 各OSの改良点について掘り下げるのはパブリックβ版が配布される来月を待つこととして、今回は一歩引いて全体を見渡してWWDC21の基調講演で発表された内容を振り返ってみよう。

●Apple Siliconが戦略の中心にあると感じる理由

 今回のWWDC基調講演では、あらためてAppleが独自のSoC(System on a Chip)、つまりApple SiliconへとMacを含めて舵を切った理由について感じさせられることがあった。

あわせて読みたい

ITmedia PC USERの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Apple」に関する記事

「Apple」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Apple」の記事

次に読みたい「Apple」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月9日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。