AppleがAndroidのマルウェアの実態を報告 「サイドローディングが元凶」と指摘

 Appleは、スマートフォンにおけるマルウェア(悪意を持ったソフトウェア)の実態を細かく紹介したホワイトペーパーを公開(PDF)した。報告書は同社米国サイトの「プライバシー」のページに掲載されている。

●Appleがホワイトペーパーを公開

 ホワイトペーパーには、冒頭から衝撃的な統計が並ぶ。

・過去4年間、AndroidiPhoneに対して15~47倍多くマルウェアによる攻撃を受けている

・2019年から2020年初頭にかけて、欧州規制当局は毎週23万件のモバイルマルウェアによる感染を報告している

・Kaspersky Labは、毎月管理しているAndroid機器に月間600万件の攻撃を確認

 ホワイトペーパーを読み進めると、今やスマートフォンを当たり前に使っている企業にとっての脅威についても触れられている。

・大企業では一台の機器がマルウェアに侵されるだけで1万ドルの損害になりえる

・米国1800社のうち46%で、会社のネットや情報を危機にさらす可能性があるマルウェアをダウンロードした社員が確認された

 Appleはこのホワイトペーパーの中で、Kaspersky Lab、Malwarebytes、WeLiveSecurity by ESET、Norton、Nokiaといった複数のセキュリティー企業やENISA(欧州ネットワーク・情報セキュリティ機関)などの政府機関が利用しているマルウェアを4分類して次のように紹介している。

あわせて読みたい

ITmedia PC USERの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Apple」に関する記事

「Apple」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Apple」の記事

次に読みたい「Apple」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク