初心者向け!ボルダリングの服装や注意点は?持ち物にレンタルできるものも紹介

胸元が開いた服も、マットに落下した時などに胸元が見えやすくなります。胸元が開いた服も避けた方が安心です。丈が短い服も、登っている時に大きく手足を動かした時に服の中が見えてしまうことがあるのでオススメできません。

ボルダリングジムには、おしゃれなウェアを着た人もたくさんいるので、周りで登っている人たちを見ながらコーディネートを考えて楽しむのも良いですよ!

その他、ボルダリングの時の身だしなみ
初心者向け!ボルダリングの服装や注意点は?持ち物にレンタルできるものも紹介
色々な形のホールド 写真提供:写真AC

・爪は短く切っておく
ボルダリングで掴む壁のでっぱり「ホールド」は、ある程度登るのを難しくするため、がっちりつかめるものは少ないです。爪が長いとホールドにひっかかり、剥がれてケガをしてしまう恐れがあるため、必ず短く切っておくようにしてください。

・アクセサリーは外す
動く時に邪魔になったり、マットに落下した際などケガの危険もあるので、外しておきましょう。

・長い髪は結ぶ
ヘアゴムやシュシュでまとめ、視界の邪魔にならないように対策しておきましょう。

ボルダリングに必要な持ち物は?

ボルダリングは道具を使わずに登るスポーツですが、安全に楽しむために使うものがいくつかあります。ここからはボルダリングに必要な持ち物と、レンタルできるものについて書いていきます。

ボルダリングの持ち物:薄手の靴下

初めてボルダリングをする時は、シューズはジムにあるものをレンタルできることが多いです。シューズの衛生を保つためにも、靴下を持って行きましょう!


あわせて読みたい

じゃらんnewsの記事をもっと見る 2019年5月21日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。