6月16日は和菓子の日!老舗の「可愛い和菓子」実演を堪能してきた【東京】

6月16日は和菓子の日!老舗の「可愛い和菓子」実演を堪能してきた【東京】

6月16日は「和菓子の日」ってご存知でしたか?仁明天皇が16個の菓子や餅を神前に供えて、疫病除けと健康招福を祈ったとされる故事から、全国和菓子協会が制定した伝統ある記念日なんです!

そんな記念の日にちなんで訪れたい和菓子のお店が「鶴屋吉信」。江戸時代に創業された「鶴屋吉信」は、京菓子と呼ばれる京都の和菓子を提供する老舗の和菓子店。京菓子を東京でも食べたいという要望に応えて、首都圏でもお店を展開しています。

今回は、生菓子を実演で見られるとのことで、じゃらん編集部の猪が訪れてみました!

記事配信:じゃらんニュース

「鶴屋吉信」とはどんなお店?

6月16日は和菓子の日!老舗の「可愛い和菓子」実演を堪能してきた【東京】

享和3年(1803年)に創業した「鶴屋吉信」は、200年以上続く京菓子の伝統を誇る老舗のお店です。京都に本店があり、昭和50年には日本橋室町に鶴屋吉信東京店を開設して以来、数寄屋造りの店内で京菓子を提供し続けているんです。

平成26年からは、現在の「COREDO室町3」にて新築オープンしていて、京のおもてなしを提供し続けています。

6月16日は和菓子の日!老舗の「可愛い和菓子」実演を堪能してきた【東京】

お店では、和菓子で創られた工芸菓子が楽しめます♪今月は「紫陽花」をテーマに玄関のウィンドウに構想されたものが展示。本物のお花のように見えるほど、詳細に創られています。店ごとのウィンドウやディスプレイを見るのも一つの楽しみ方ですね♪

実演で見られる和菓子作り「菓遊茶屋」

6月16日は和菓子の日!老舗の「可愛い和菓子」実演を堪能してきた【東京】

「鶴屋吉信東京店」では和菓子の実演販売が行われています♪その名も「菓遊茶屋」!目の前で職人さんが作ってくれた生菓子を抹茶とともに食べられる機会は、なかなかないですよね!


あわせて読みたい

じゃらんnewsの記事をもっと見る 2019年6月15日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。