混浴パラダイス!?めくるめく江戸時代の「湯屋」の内部をちょっぴりのぞき見



「羽書」は大人1人で148文。1日に最低でも2回、多ければ4~5回も入浴したという江戸っ子にとって、1か月お風呂入り放題で148文はかなりお得でした。

基本混浴だった湯屋 今では驚くべきことに、江戸時代は基本的に混浴が普通でした。

どんだけ混浴したいの!何度禁止しても復活し続けた江戸時代の混浴の歴史

江戸っ子たちは大変明るくおおらかで、裸である事が恥ずかしいという観念がありませんでした。当時の日本を訪れた外国人の記録によると、風呂屋の傍を通った時に入浴中の男女が裸で風呂から飛び出してきて当然のように裸のまま立っていたのだとか。

彼らは江戸の人々の事を罪を知らないアダムとイブのようだと評し、その純真無垢さに驚いたそうです。

参考文献
  • 杉浦日向子「一日江戸人」新潮文庫
  • 渡辺京二「逝きし世の面影」(平凡社ライブラリー)

日本の文化と「今」をつなぐ - Japaaan

あわせて読みたい

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月28日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。