青森県にあるキリストの墓の土産店「キリストっぷ」は斜め上を行く幻の店

キリストのお墓といえば、一般的にはエルサレムの「聖墳墓教会」あるいは「園の墓」です。

しかしながら、キリストは処刑されず生き延び、日本に逃れ106歳の生涯を閉じた・・・そんな伝説に基づくキリストのお墓が青森の新郷村(旧戸来村)にあるのをご存知でしょうか。

青森県にあるキリストの墓の土産店「キリストっぷ」は斜め上を行く幻の店


同じ東北に住むものとして、そこまでは私も知っていました。

ところがあるとき、テレビを見ていたら青森出身のタレント新山千春さんが、

「近くにお店もあるんですよ。コンビニにミニストップってあるじゃないですか。キリストっぷっていう…」

「営業時間は10時からなんですよ、十字架にかけていて」

と言って、その話を聞いた司会の明石家さんまさんや、他の出演者一同大笑いをしていたのです。

もちろん、私も腹を抱えて笑ったのは言うまでもありません。

青森県にあるキリストの墓の土産店「キリストっぷ」は斜め上を行く幻の店


それが2019年10月のことで、これがきっかけとなり「キリストっぷ」は全国区となりました。

今年の4月6日付河北新報に、こちらの記事が掲載されていたのでご紹介します。

青森県にあるキリストの墓の土産店「キリストっぷ」は斜め上を行く幻の店


記事を読むと、某コンビニチェーンとはたまたま似てしまったということですね、何という偶然でしょう。

当初は地場産食材が主だったようですが、現在はキリストの墓Tシャツやバッグなどのグッズが並んでいるお店です。

青森県にあるキリストの墓の土産店「キリストっぷ」は斜め上を行く幻の店


こちらミニストップでの買い物のとき、エコバッグとして使うのをご提案させてください。

青森県にあるキリストの墓の土産店「キリストっぷ」は斜め上を行く幻の店


開店当初から、村で暮らす『ネーティブ』の女性たちが店番です。

営業は4月末から11月上旬の毎週土日が基本、開店は十字架にちなみ午前十時。

しかし、ここ1~2年、都合がつかず土日も営業できない日が多く、ネット上では幻の店と言われ、レア度が増しているそう。

今後は、『キリストのハッカ(墓)あめ(アーメン)』をはじめ、グッズを増やしていきたいとのことです。

青森県にあるキリストの墓の土産店「キリストっぷ」は斜め上を行く幻の店


運営者の平葭健悦さんは、「ばかばかしいことも真面目に続ければ、人の輪が広がっていると信じています」と話しています。

キリストっぷ情報はこちらから

日本の文化と「今」をつなぐ - Japaaan

あわせて読みたい

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月9日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。