400年前、仙台城下に張られた”六芒星の結界”は今も生きているのか?その3

六芒星の6地点は、すべて高台に位置していますが、ある高さを持って結界のラインが結ばれています。

前回の記事

400年前、仙台城下に張られた”六芒星の結界”は今も生きているのか?その2

仙台城下の土地は広瀬川の中流に位置し、河岸段丘地です。台原・上町・中町・下町の4つで形成され、上町と中町の段丘崖は勾当台公園に見ることができます。あの付近に、公式の鬼門である定禅寺がありました。

400年前、仙台城下に張られた”六芒星の結界”は今も生きているのか?その3


中町と下町は、片平と花壇の境界で、その高さは見た目にも圧倒されますが、坂道を上れば、実感できます。

400年前、仙台城下に張られた”六芒星の結界”は今も生きているのか?その3


藩政時代、城下内に建物を作るときには、最高高さを四間半以内に制限するよう藩令で定められていました。

表向きには、軍事目的である「見通し」において邪魔にならないように、という理由でしょうが、実のところは知られてはならない「結界」を守るためではなかったか。呪術としてのラインには強力な気の流れが走っていますから、これを妨害してはならないのです。

四間半は、今でいうと3階建てくらいの建物になりますね。現代では高層ビルが立ち並び、結界は遮られてしまっている箇所があるでしょう。

■ーすべての存在(万物)は「気」によって作られている-

昔、「天」の存在は人々の生活の中にあり、様々な自然現象は宇宙の”意思”が起こすものとして当然に受け入れられていました。豊作を願っては天を仰いで祈り、病には呪文で邪気を祓いました。

太陽や月を崇拝し宇宙を神とした時代、呪術や祈祷は人々にとって大きな地位をしめていました。「陰陽道」は、1400年にわたって日本を支配してきました。

あわせて読みたい

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月21日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。