脚本 三谷幸喜、主演 小栗旬!2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第一次出演者が発表

脚本 三谷幸喜、主演 小栗旬!2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第一次出演者が発表
拡大する(全2枚)
今年の1月に発表された、2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。脚本は大河ドラマ3作目となる三谷幸喜さん、主演は小栗旬さんが決定していましたが、このほど第一次出演者が発表されました。

義時の姉にして源頼朝の妻、女将軍として君臨する北条政子には小池栄子さん、義時の兄である北条宗時役には片岡愛之助さんなど、4名。

  • 北条政子 … 小池栄子
  • 北条宗時 … 片岡愛之助
  • 平清盛 … 松平健
  • 比企能員 … 佐藤二朗


また、今回は新たに「鎌倉殿の13人」の人物相関図も公開されました。

脚本 三谷幸喜、主演 小栗旬!2022年大河ドラマ「鎌倉殿の...の画像はこちら >>
公式Twitterより

今後、この相関図にどんな俳優陣が掲載されていくのか。11月16日~20日まで5日間連続で出演者が発表されるとのこと。

ストーリー

平家隆盛の世、北条義時は伊豆の弱小豪族の次男坊に過ぎなかった。だが流罪人・源頼朝と姉・政子の結婚をきっかけに、運命の歯車は回り始める。

1180年、頼朝は関東武士団を結集し平家に反旗を翻した。北条一門はこの無謀な大博打ばくちに乗った。

頼朝第一の側近となった義時は決死の政治工作を行い、遂には平家一門を打ち破る。

幕府を開き将軍となった頼朝。だがその絶頂のとき、彼は謎の死を遂げた。偉大な父を超えようともがき苦しむ二代将軍・頼家。 “飾り” に徹して命をつなごうとする三代将軍・実朝。将軍の首は義時と御家人たちの間のパワーゲームの中で挿すげ替えられていく。

義時は、二人の将軍の叔父として懸命に幕府の舵かじを取る。源氏の正統が途絶えたとき、北条氏は幕府の頂点にいた。都では後鳥羽上皇が義時討伐の兵を挙げる。武家政権の命運を賭け、義時は最後の決戦に挑んだ──。
(公式ホームページより)

2022年 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

NHKオンライン

日本の文化と「今」をつなぐ - Japaaan

この記事の画像

「脚本 三谷幸喜、主演 小栗旬!2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第一次出演者が発表」の画像1 「脚本 三谷幸喜、主演 小栗旬!2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第一次出演者が発表」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク