ニワトリは神聖な鳥。江戸時代は鶏肉を食べなかった理由と当時の鳥肉料理を紹介
拡大する(全5枚)
いきなりですが、皆さんは「鳥肉」と聞いて何の肉を想像するでしょうか。

「え、鳥の肉と言ったらニワトリ(鶏肉)じゃないの?」

という方が多いと思います(中にはクリスマスの七面鳥や、鴨南蛮のカモ肉などを思い浮かべた方もいるでしょうが……)。

ニワトリは神聖な鳥。江戸時代は鶏肉を食べなかった理由と当時の...の画像はこちら >>


美味しそうな鶏もも肉

多くの日本人が「鳥肉」と聞いたらすぐに思い浮かぶであろうニワトリですが、実は江戸時代後期まで、あまり食べられていなかったそうです。

鳥の肉を食べることがタブーでなかったのは「二本足(後ろ足)で直立するから」とウサギを一羽、二羽と数えて(食べてもよい)鳥と見なしたことからもわかるのに、どうして日本人はニワトリをあまり食べなかったのでしょうか。

今回はその理由と、代わりに食べられていた鳥肉料理について紹介したいと思います。

■ニワトリは神聖な鳥だった

実は現代でもそうですが、ニワトリはお伊勢様、つまり天照大御神(アマテラスオオミカミ)の神使(しんし、みさき)です。

ニワトリは神聖な鳥。江戸時代は鶏肉を食べなかった理由と当時の鳥肉料理を紹介


天照大御神を招いた長鳴鶏(黄色丸部分)。春斎年昌「岩戸神楽之起顕」より

かつて天岩戸(あまのいわと)に引きこもってしまった天照大御神に現世へお戻りいただくため、常世の長鳴鶏(とこよのながなきどり)を岩戸の前で鳴かせたことに由来します。

太陽の女神であった天照大御神が岩戸へ引きこもってしまったことで世界が闇に包まれ、長鳴鶏の声によって再び光が戻ったことから、鶏は夜明けを告げるために鳴くようになったのでした。

この記事の画像

「ニワトリは神聖な鳥。江戸時代は鶏肉を食べなかった理由と当時の鳥肉料理を紹介」の画像1 「ニワトリは神聖な鳥。江戸時代は鶏肉を食べなかった理由と当時の鳥肉料理を紹介」の画像2 「ニワトリは神聖な鳥。江戸時代は鶏肉を食べなかった理由と当時の鳥肉料理を紹介」の画像3 「ニワトリは神聖な鳥。江戸時代は鶏肉を食べなかった理由と当時の鳥肉料理を紹介」の画像4
「ニワトリは神聖な鳥。江戸時代は鶏肉を食べなかった理由と当時の鳥肉料理を紹介」の画像5