自由な結婚は難しかったのね…江戸時代の結婚はどんなカタチが主流だったの?

江戸時代の頃は、結婚はどんなスタイルが多かったのでしょうか?恋愛と同じように、身分が下の庶民ほど、結婚も自由だったようです。

■身分によっても違う結婚スタイル

まず、結婚には3つのスタイルがありました。一つめは、通い婚です。男性が女性の家に通うという「通い婚」は、一部の農村で残っていたスタイルで、結婚しても、それぞれの家から解放されません。じゃ、何のために結婚するの?と思ってしまいますが、一緒になるにはその方法しかなかったのです。

二つめは、嫁入り婚です。女性が男性の家に入るスタイルで、江戸時代に一般的になったスタイルです。つまり、最初から男性の両親と同居するということ。

三つめは、独立婚です。どちらの家にも入ることなく、2人で独立します。これが、今の私たちにとっては一般的な結婚のスタイルですね。長屋の住人など、身軽に動ける人ならではの習慣だったようです。

自由な結婚は難しかったのね…江戸時代の結婚はどんなカタチが主流だったの?


喜多川歌麿「歌まくら」

次ページ: 自由に結婚は難しい…。どうやって結婚相手を決めていたの?

■結婚相手を決める方法

じゃ、どうやって結婚相手を決めるのでしょうか?

一つめは、政略縁組みで、武家など身分が高い家では主流でした。本人同士の気持ちはあまり考慮されず、家同士の結婚を大事にします。

二つめは、跡継ぎ指名。商家や職人の家で主に行われた方法で、息子に家を継がせず長女に有能な婿を迎えます。その家の番頭や弟子から選ぶそう。

三つめは、お見合い。当時のお見合いは庶民の風習でした。今と違うのは、2人がきちんと対面するお見合いでなく、寺社詣や芝居見物などですれ違ったり遠くから見る程度だったのです。きちんとお見合いして、ちょっとこの人とは…となると、仲人と相手の面目が丸つぶれになるから、とのこと。

あわせて読みたい

Japaaanの記事をもっと見る 2017年3月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。