テレビでは聞こえない?力士の後ろで「シー」行司がひっそり行っている所作の意味とは?

■力士の後ろで「シー」

相撲を観戦したことがない人でも、横綱の土俵入りを見たことがある人は多いと思います。露払いと太刀持ちを従え、綱をしめた横綱の姿は勇壮ですね。ついつい横綱ばかりに目が奪われてしまいがちですが、行司の所作にもしっかりと意味があるのです。

まず、行司は土俵の仕切り線の後ろで蹲踞(そんきょ)をしています。横綱が徳俵(土俵の東西南北、四ヶ所にある出っ張り)の付近で蹲踞したまま柏手を打ちます。そして土俵の中央に進み、行司に背を向ける状態で仁王立ちになります。

テレビでは聞こえない?力士の後ろで「シー」行司がひっそり行っている所作の意味とは?


実はここで、行司は「しー」という声を出しながら、紐房を時計回りに1回、反時計回りに1回まわしているんですね。

この「しー」(すぃーと聞こえることも) という声は「警蹕(けいひつ)」といって、「静かにしなさい」という意味の一種の警告なのです。

■不敬を未然に防ぐための掛け声

起源は中国。天子が通行したり建物に出入りするとき、先払い(先導役)が辺りに声をかけて、道筋の人々が不敬な事をしないように諫めることを言いました。「警」は気をつけなさいという意味で、天子が出るときに民に向かって言い、「蹕」は止まりなさいという意味で、入るときに言いました。
それが広く天皇や貴人が通行するときにも、使われるようになったのですね。

また、神職の方が神前へ供物を奉るときや神楽を奏するときなどにも行われます。行司は神職も兼ねていますから、警蹕は行司の行う所作として相応しいものなのです。

あわせて読みたい

Japaaanの記事をもっと見る 2017年12月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。