【小説】国芳になる日まで 〜吉原花魁と歌川国芳の恋〜第10話

前回の【小説】国芳になる日まで 第9話はこちら

【小説】国芳になる日まで ~吉原花魁と歌川国芳の恋~第9話

■■文政七年 夏と、秋(2)

それからというもの、佐吉は必ず毎月几帳面なほどきっちり十五日に訪れた。

そして四度目になる七月十五日、初めてみつは自分の持つ座敷に男を通した。

部屋の中央にはこれ見よがしに緋蒲団と滝紋をあしらった豪奢な掻巻が敷かれている。佐吉の視界には、嫌というほどその派手な緋色が映り込んでいるはずであるが、男はその事には少しも触れずに、

「あ、」

部屋の隅を指さして声をあげた。

目をやれば猫が隣のみつの部屋の障子の隙間からなにやら咥えてずるずると座敷に引きずり込んでいるではないか。

【小説】国芳になる日まで 〜吉原花魁と歌川国芳の恋〜第10話


目を凝らすと、正月に国芳に貰った九紋龍史進の絵柄の凧であった。隣の部屋に置きっぱなしにしていたのを猫が見つけて悪戯(いたずら)したらしい。

「ぶち、駄目!」

みつは慌ててぱっと取り上げ、柳行李の中に隠した。

佐吉が驚いた様子で、

「花魁、あの凧は・・・・・・」

その言葉に、みつは表情を固くした。

「ただの凧でありんす」

「ただの凧か。仕舞ってなかったって事は、絵が気に入ってんのかい?」

「いんや、ちっとも」

みつはすげなく答えた。

たんぽぽをくれたあの春の日から、国芳とは絶えて会っていない。

二人はもう、終わったのだ。

「ふうん」

佐吉が鼻の先でみつを見た。

「これでも俺ア絵が好きでね。絵描きの兄さんを一匹、飼ってンのよ」

「飼うと言いなんすか」

あわせて読みたい

Japaaanの記事をもっと見る 2018年6月27日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら