開湯100年祭!月岡の食・酒・湯を満喫

開湯100年祭!月岡の食・酒・湯を満喫


大正4年の開湯した新潟県月岡温泉。今年は開湯100周年記念として、立ち寄り処「premium SAKE蔵」や新パワースポット「手湯の杜」が誕生するほか、食に関して新潟県出身の歌手・小林幸子さん監修の「さちめし」を各旅館で味わうことができる。

5月オープン予定の「premium SAKE蔵」は、板塀の和風建築にぬくもりある和紙提灯(ちょうちん)と杉玉を配した外観で、中に入ると丸太の梁、壁にはずらりと県内92の蔵元の酒が並ぶ。日本酒は各蔵元から吟醸酒や純米吟醸酒などグレードの高い銘柄を用意しており、500円で3杯(予定)試飲できる。

和たんすやリヤカーでディスプレイされた雑貨・土産コーナーでは、月岡の銘菓や雑貨をはじめ、さちめしの「月の丘の焼きどーなつ」、紫米や豚ひき肉の入ったおにぎりコロッケ「さちころ」も販売。奥には休憩コーナーがあり、日本酒やおつまみを食べながらゆっくりできる。

また、「手湯の杜」は同じく5月オープン予定。観光客や地元の人々が気軽に立ち寄れる憩いの場として整備されるこの場所は、100年前にエメラルドグリーンの湯が湧きだした月岡温泉発祥の地だ。ここに、新潟では珍しい手湯を新設する。各施設で湯めぐりをした後、手湯で清め、パワースポットの大岩に触れる。そして木札の湯結美手形(ゆむすびてがた)を掛けることで、より美肌になれるようお願いするというものだ。夜は竹照明でライトアップされ、幻想的な灯りが温泉街を包み込む、まさに癒しのスポットとなる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

日本の歩き方の記事をもっと見る 2014年4月30日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュース

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。