心の隅々まで癒される旅。三朝温泉開湯850年記念イベント実施

心の隅々まで癒される旅。三朝温泉開湯850年記念イベント実施

鳥取県にある世界屈指のラジウム泉が楽しめる温泉地として人気の「三朝(みささ)温泉」が今年、開湯850年を迎える。三朝町や同温泉観光協会などで組織する「三朝温泉開湯850年実行委員会」は、4月から “六感を癒す旅”をテーマに、多彩なイベントなどを実施し、850年の節目を盛り上げている。

温泉街イベントとして、7月19日から8月24日は「夏まつり」と題し、期間中毎日打ち上げ花火を上げるほか、温泉街の縁日イベントを行う。9月までの週末を中心に、「スターウォッチングツアー」「無声映画『三朝小唄』上映」「あったか座」「ノルディックウォーキング」なども実施する。

大山隠岐国立公園に編入された三徳山を体感するプランとして、三朝温泉宿泊者限定で、「三徳山早朝参拝バス」と「一泊夕食精進朝食・ご利益プラン」を設定。早朝参拝バスは9月までの金・土・日曜日に実施で、三徳山住職と朝の勤行に参加。澄んだ空気のなか、1300年を超える三徳山の歴史が体感できる。午前6時出発で、参加費は大人500円、小人300円。参加者には護摩木1本をプレゼントする。

ご利益プランは、各旅館が宿泊プランとして販売。三徳山の輪光院で朝食を楽しむもので、お粥や栃餅、ごま豆腐などの精進料理が味わえる。プランには温泉街から三徳山までの路線バス往復券やタクシー割引券などが付いている。

さらに、同温泉街にある「みささ美術館」では、9月までの金・土・日・祝日に「ヴァイオリン製作体験(ミニチュア表板アーチ作り)」を実施。西洋カンナを使って、ミニチュア表板のアーチを削る作業を体験できるもの。1日3回実施で所要約90分、1人700円。また、同美術館では弦楽器の演奏会や本格的なヴァイオリン製作体験(1泊2日、8万円、要予約)も行う。

良質の温泉でゆったりと過ごせば、日常の忙しさを忘れて、五感+心まで癒される旅を楽しめるかも。

(情報提供/旅行新聞新社)
三朝温泉
■住所: 〒682-0123 鳥取県東伯郡三朝町三朝 三朝温泉
■交通アクセス: JR倉吉駅前バスターミナルから三朝温泉行バス「三朝温泉」下車(約25分)
■HP: 三朝温泉開湯850年

あわせて読みたい

気になるキーワード

日本の歩き方の記事をもっと見る 2014年5月30日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュース

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。