黒田官兵衛に出会う旅。佐賀・唐津の歴史ロマンあふれるスポットを巡ろう

黒田官兵衛に出会う旅。佐賀・唐津の歴史ロマンあふれるスポットを巡ろう
       

NHK大河ドラマで脚光を浴びる戦国武将、黒田官兵衛。そのゆかりの地、佐賀県・唐津市には、官兵衛や彼が活躍した安土桃山時代をより深く楽しめるコンテンツがそろう。

東松浦半島の先端に、かつて豊臣秀吉の朝鮮出兵の拠点となった肥前名護屋城跡がある。この城塞の縄張りを行ったとされるのが黒田官兵衛だ。当時、周辺には130以上の大名陣屋が建ち、城下町は商人らであふれ、最盛期の人口は20万人を超えたとされる。

この歴史の大舞台を案内人とともに巡るのが「肥前名護屋城さるき」。“さるき”とは地元の方言で「歩き回る」という意味。前田利家や徳川家康など、名だたる大名の陣跡を中心に、現存する石垣や太閤井戸など、歴史ロマンあふれるスポットを約2時間で巡る。道中、黒田官兵衛や諸大名の逸話なども楽しめる。

実施は土・日・祝日の午前10時と午後2時で事前予約が必要。10名以上の団体の場合は平日での対応も可能だ。参加費は1人500円(11人以上の場合は同400円、21人以上は同300円)中学生以下は無料。

一帯は、九州オルレ唐津コースにも組み込まれており、美しい風景も魅力のひとつ。近くには、日本と東アジアの交流史を伝える「佐賀県立名護屋城博物館」も建つ。また、今年秋には昨年に続き、地元の旅館や飲食店で「大名料理」を提供する。秀吉や家康が名護屋で食したであろう料理を、史料をもとに現代風にアレンジした注目の料理だ。

(情報提供/旅行新聞新社)
肥前名護屋城さるき
■開催日時: 土・日・祝日の10:00と14:00
■集合場所: 道の駅 桃山天下市(〒847-0401 佐賀県唐津市鎮西町名護屋1859)
■参加料: 500円(中学生以下無料) ※3日前までの予約が必要
■交通アクセス: 唐津より車で約30分、バスで約45分
■HP: 肥前名護屋城歴史ツーリズム
■申し込み・問い合わせ: (0955)-82-5774(名護屋城跡観光案内所)

あわせて読みたい

日本の歩き方の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月27日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。