暑い夏でも涼しく快適に楽しめる!富士山麓の遊園地「ぐりんぱ」

暑い夏でも涼しく快適に楽しめる!富士山麓の遊園地「ぐりんぱ」
       
今年の夏も暑い日が続いているが、その暑さに負けず涼しく子供と楽しめるのが、首都圏から東名高速道路で約90分のところにある遊園地「ぐりんぱ」(静岡県裾野市)だ。

暑い夏でも涼しく快適に楽しめる!富士山麓の遊園地「ぐりんぱ」の画像はこちら >>


ぐりんぱで涼しく楽しめる理由の1つは、何といっても地理的な涼しさ。世界遺産 富士山の南麓2合目(標高1,200m)に位置するこの場所は、真夏でも日中の気温が20℃台と快適な天然クーラーゾーン。35℃を超える市街地の猛暑が信じられないほど、涼しく快適に遊べる。

またぐりんぱでは、夏でも涼しく感じられる期間限定の“ひんやり”体感スポットとして、7月26日(土)に、毎年大好評の夏季限定「水遊び広場」がオープン。今年新登場の「ドキドキスプラッシュ」は、あちこちから冷たい水が飛び出し、子供たちが大はしゃぎすること間違いなしの水アイテムだ。「水遊び広場」は8月末までオープンの予定。

そのほか、水深10cm、広さ約100 m2の浅く水を張った、子供でも安心して水遊びが楽しめる「アメンボ広場」や、びしょ濡れになりながら突破を目指す「水迷路」、樽に「剣」を刺しハズレを引くと一気に水が噴き出す「黒ひげ噴水危機一発」など、びしょびしょになりながら、この暑い夏をまさに“涼しく”楽しめる。

暑い夏でも涼しく快適に楽しめる!富士山麓の遊園地「ぐりんぱ」


さらに、7月26日(土)から園内のレストランで、体の中から涼しくなる「涼フェア」を開催している。口の中で涼を感じられる「アイスドッグ」や「ラムネアイスシュー」など、ぐりんぱオリジナルメニューを堪能できる。

あわせて読みたい

日本の歩き方の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事をもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月29日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. 世界遺産 日本
  2. 世界遺産 長崎

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。