早春の訪れを告げるイベント!「水戸の梅まつり」開催

早春の訪れを告げるイベント!「水戸の梅まつり」開催
       


早春の訪れを告げる「水戸の梅まつり」は、2015年2月20日(金)から3月31日(火)まで、水戸市の弘道館・偕楽園で開催予定。

茨城県水戸市にある弘道館と偕楽園は、水戸藩の第9代藩主徳川斉昭(1800―1860)により設立され、今の総合大学にあたる弘道館で学問と武術を磨き、疲労した心身を偕楽園でゆっくり休養することが構想されていた。今でも、弘道館から偕楽園(好文亭表門)の順に巡ることで、水戸の梅とあわせて創設者が描いた休息のコースを楽しめる。

弘道館は、最後の将軍徳川慶喜をはじめ旧水戸藩の藩士とその子供達が過ごした藩校で、約60品種800本の梅が咲き誇る。また、日本三名園の一つ偕楽園には、約100品種3,000本の梅が咲き誇り、期間中は週末を中心に野点茶会、琴や三味線の演奏会、雛流しなど、さまざまな行事が予定されている。特に好評なのが、期間中の平日に実施している「水戸黄門様と水戸の梅大使と一緒に記念写真」。偕楽園の無料ガイド「歴史アドバイザー水戸」が水戸黄門役になり、一緒に記念撮影ができる。

さらに水戸市には、茨城県立歴史館・徳川ミュージアムなど有名な観光施設が数多くある。茨城交通の水戸駅前案内所にて、バスで水戸を1日周遊できる「水戸漫遊1日フリーきっぷ」が販売されており、協賛施設の入館料金が割引となる特典付きで、水戸をお得に巡ることができておすすめ。

(情報提供/旅行新聞新社)
水戸の梅まつり
■開催日時: 2015年2月20日(金)~3月31日(火)
■開催場所: 偕楽園(茨城県水戸市見川1-1251)、弘道館(茨城県水戸市三の丸1-6-29)
■交通アクセス: JR「水戸駅」北口より4番または6番のバス約20分「偕楽園」もしくは「偕楽園前」下車
■HP: 水戸の梅まつり
■問い合わせ: (029)-224-0441(一般社団法人水戸観光協会)

あわせて読みたい

日本の歩き方の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月25日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。