「聖なる祈りの道」を歩く!美しい景色・歴史・人に出逢えるウォーキングコース

「聖なる祈りの道」を歩く!美しい景色・歴史・人に出逢えるウォーキングコース
       

大分トラピスト修道院

大分県の国東市、杵築市、日出町の2市1町のキリシタン文化に触れるウォーキングコース「オラショ巡礼の道」が誕生。全111kmで、日本風景街道に選ばれた別府湾・豊後水道を望む辺の道を歩く。

“オラショ”は、キリシタン用語で“祈り”という意味。同コースは、日本人で初めて聖地・エルサレムへ行った福者ペトロ・カスイ岐部の出身地・国東市をスタートし、杵築カトリック教会(杵築市)を経て、聖フランシスコ・ザビエルの身体の一部が祀られている大分トラピスト修道院まで。

モデルルートは、各市町で2区間ずつ設定。日出町では、ホテルソラージュ大分・日出から深江港、日出港などを通って二の丸館までの12km、二の丸館から大分トラピスト修道院(日出町)までの19kmまでの2区間を設定している。また、ウォーキングアイテムとして、リュックなどに付けられるオラショ巡礼証、コースを紹介した巡礼マップ、スタンプを集める巡礼手帳の3アイテムを作成。城山亭や観光協会などで配布している。

(情報提供/旅行新聞新社)
オラショ巡礼の道
■開催場所: 大分県の国東市、杵築市、日出町
■HP: オラショ巡礼の道

あわせて読みたい

日本の歩き方の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「海」に関する記事

「海」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「海」の記事

次に読みたい「海」の記事をもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月22日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。