【ワイドショー通信簿】行政主導の「ペーパーレス」、民間オフィスではまだまだFAXは必要だ! だれでもパソコン持ってるわけじゃない...(モーニングショー)

【ワイドショー通信簿】行政主導の「ペーパーレス」、民間オフィスではまだまだFAXは必要だ! だれでもパソコン持ってるわけじゃない...(モーニングショー)
拡大する(全1枚)

11月4日(2020年)、河野太郎行政改革担当大臣は記者会見で「押印が要らなくなったものについてはペーパーレスでやれると思っております」と発言、行政手続きでの紙やFAXの廃止にのりだした。

これに対し街の声は「スキャンして電子化して送付したり、ペーパーレス化が進んでいる」(IT業)、「データ媒体で持つほうがいい」(船員)と賛成の声の一方、「メールが苦手でFAXで送ってほしい方もいる。必要です」(一般社団法人)、「FAXはハンコついてるやつをそのまますぐに送って、先方もパソコン立ち上げずに見られる」(金融業)など、戸惑いの声も聞かれる。

不動産物件申し込み、プレスリリース、弁護士事務所...

【ワイドショー通信簿】行政主導の「ペーパーレス」、民間オフィ...の画像はこちら >>

どんな業界でFAXが必要とされているのだろうか。

不動産業界では、多数の物件オーナーから書類取り寄せるのだが、不動産オーナーは高齢者が多く、まだまだFAXが主流となっている。物件申し込みもFAXが使われ、契約は申し込みがFAXで届いた順となっている。

マスコミ業界でもFAXが活躍している。マスコミ各社に送られるプレスリリースはFAXが多いが、その理由はメールだと件名を見ただけで削除されやすいからだという。FAXは紙で出ているので、捨てていいかどうか誰かに確認してもらえるという利点がある。

大手FAX機器メーカーによると「中小企業はパソコンが一人一台ではない。FAXは従業員全員が使えるツールとして活用されている」という。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク