眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。

眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
       

秋篠宮眞子さんが11月13日に発表した「お気持ち」をめぐって、文春と新潮の見方が分かれている。新潮は「『眞子さま』結婚宣言で『小室圭さん』圧勝」だと、さしもの結婚反対派も完敗を認めているのに、文春は「秋篠宮が覚悟 眞子さまを"勘当"する」と、まだうじうじと小姑のように難癖をつけている。

先週私が書いたように、眞子さんの「お気持ち」は小室圭と合作した「結婚宣言」である。しかも、これを出すにあたって、父親の秋篠宮と母親の紀子さんだけではなく、天皇皇后、上皇上皇后にも了解を得ていると書いてあるのだ。文春のように、秋篠宮がこの内容に怒って「勘当する」はずはない。

冒頭文春は、秋篠宮家にきわめて近い人物の談として、眞子さんと結婚すれば小室圭は「元皇族の夫」として皇室行事に関わることになるが、秋篠宮は「それにはふさわしくない方」だと考えていて、「もし眞子さんがこのまま結婚を諦めないとおっしゃり続けるのなら、縁を切る、つまり"勘当"することも覚悟しておられるのです」といわせているが、全文を読む限り、そのような根拠は何もない。

かえって、2人の交際に密かにエールを送っていたのは、当時皇太子だった現天皇だというのだ。3日後に渡米する予定の小室圭が秋篠宮邸を訪れた際、報道陣を避けるために「東宮御所正門」を通ったが、それを許可したのが皇太子だったというのである。

また、「眞子さまは、穏やかそうに見えて、実は秋篠宮家の中でも最も意志が強固で、性格がお強い」(秋篠宮家の内情をよく知る立場にある男性)。周囲の温かい見守りと、彼女の意志の強さがあって、ようやくここまでこぎつけたのである。


あわせて読みたい

J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月19日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。