<24 JAPAN/第12話>(テレビ朝日系12月25日金曜放送) テロリストたちが自身への復讐も狙っていたと知る獅堂。CTUの新班長・小畑にある指示を出し、いよいよ反撃のノロシを上げる
拡大する(全1枚)

日本初の女性総理大臣誕生かと注目される総選挙当日、女性総理候補暗殺を狙うテログループと政府のテロ対策ユニット(CTU)の24時間にわたる死闘を、全24話で克明に描いたドラマ。ちょうど中間点の今回は午前11時から正午までの1時間の出来事が描かれる。

CTU第1支部A班班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、テロ実行チームのリーダー・神林民三(高橋和也)らに妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)を拉致されながらも、日本初の女性総理の座を狙う民生党党首・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺を間一髪で阻止した。しかし、逆に暗殺の実行犯だと疑われ、決死の逃走劇を展開している。

そんな中、獅堂は神林民三(高橋和也)の手下で工作機械メーカーの営業マン・音守清介を名乗る男(神尾佑)と接触する。この男こそ、獅堂の娘・美有の親友・函崎寿々の父親・要吾を殺害して要吾になりすまし、美有らを誘拐した男だった。

獅堂は音守に銃を突き付け、六花と美有が監禁されている神林のアジトに案内させる。獅堂はCTUにいる第1支部A班チーフ・水石伊月(栗山千明)に連絡し、自分のスマホをGPSで追跡し、アジトの場所を正確に突き止めるよう段取りする。

朝倉麗は葵塔子を守るため、自らの危険も顧みずある決断を下す

<24 JAPAN/第12話>(テレビ朝日系12月25日金曜...の画像はこちら >>

テレビ朝日「24 JAPAN」番組公式サイト

そのころアジトでは、神林のボスで暗殺計画の黒幕・アンドレ林が、六花と美有の殺害を命じる。ナイフを手に美有に襲いかかる神林の手下・市来三次(山口大地)に向かって、六花は拳銃を発砲した。その拳銃は、六花らの誘拐に手を貸したことを後悔した長谷部研矢(上杉柊平)が密かに渡したものだった。